舞劇『朱鷺』-toki- 特別番組
圧倒的な美と感動 舞劇「朱鷺」
~今、この愛に涙せよ

BS-TBSにて放送された特別番組を、以下からご覧いただけます。
公演の魅力が満載です。ぜひご覧ください。

続きはこちらから

上海歌舞団 ”舞劇”
この夏、日本で再びる!!

「舞劇(ぶげき)」とは、バレエや民族舞踊など、様々な舞踊表現を組み合わせ、台詞を使わずにストーリーを展開する、中国発祥の舞台芸術。

上海歌舞団は多くの舞劇作品を創作し、2005年に「舞劇『覇王別姫』〜ある愛の伝説〜」でオーチャードホール公演、また2015年には全国30会場で公演し、12万人動員。 そんな彼らの来日公演が今年の8月・9月に決定しました。

今回の演目、「舞劇『朱鷺』-toki-」は、日本にもゆかりの深い鳥、朱鷺(トキ)と人間の青年との儚い愛の物語を描きます。 朱鷺(トキ)の仙女・ジエと村の青年・ジュンが出会い、やがて恋に落ちる物語。人間の世界で生きていくことのできないジエとそれを守ろうとするジュンとの葛藤が、さまざまな舞踊表現で展開されていきます。
構成は2部構成で、1部はジエとジュンの出会いを愛に満ち溢れたふたりのダンス、また、それを彩る24羽の朱鷺(トキ)たちの群舞で、鮮やかで彩り豊かに表現されていきます。 一方、2部は、迫力のあるコンテンポラリーダンスを中心に、環境破壊が進んだ世界がモノクロで表現され、今にも息絶えそうなジエの苦しみと、それを助けようともがくジュンの苦悩、やがてくる悲しい結末が描かれます。

朱鷺(トキ)を表現する独特で繊細な首や指の動き、壮観の群舞、優れた身体能力から生み出される迫力のダンス。そして舞台を彩る美しい衣装や、物語の世界に引き込む音楽。

すべての芸術表現が見事に融合された上海歌舞団の舞劇の世界が、この夏、再び日本で蘇ります。

 

舞劇「朱鷺」2017年日本公演

主催:
朱鷺2017日本公演実行委員会/
TBS(東京公演)MBS(大阪公演)中京テレビ(名古屋公演)
協賛:

後援:
外務省/
中華人民共和国駐日本国大使館/
日中国交正常化45周年・日中平和友好条約締結40周年交流促進実行委員会/
一般財団法人 日本中国文化交流協会/
公益社団法人 日本中国友好協会/
一般社団法人 日中協会/
公益財団法人 日中友好会館/
日中友好文化交流促進日本委員会
協力:
中国文化センター/CCTV大富
企画・招聘:
キョードー東京/ぴあ